Webフォルダに関する情報

Webフォルダについて

Webフォルダは、ビルトインのhttpサーバ機能を使って、WebページをファイルメーカーPro Webコンパニオンで共有するために必要となるディレクトリです。このWebフォルダには、ファイルメーカーPro データベースとそのデータベースと対話するのに必要なHTML ファイルまたはページが配置されます。

Web上でのファイルメーカーPro データベースの表示方法は、カスタムWebを使用してWebページを作成してから、そのファイルをWeb フォルダに移動することによりカスタマイズすることができます。

旧バージョンのファイルメーカーProからのカスタムWeb用ファイルを使用する場合は、既存のCDMLファイルをWebフォルダに移動した後、HTMLページ内で参照されているファイルの拡張子を「.fmj」から「.fp5」に変更してください。

Web上でデータベースを公開するには、Webコンパニオンを有効にします。尚、Webフォルダに配置されたファイルは、Webブラウザよりアクセスが可能になるため、重要な内容が含まれているファイルはWeb フォルダ内に配置されないことをお勧めします。Web上でのデータベースの公開の詳細については、「ユーザーズガイド」の第14章を参照してください。

ファイルメーカーPro Webコンパニオン機能

Webでは、データベースのWeb上での表示方法を決めるWebスタイルを選ぶことができます。例えば、「ラベンダー」スタイルはタイトルやボタンを紫色で表示します。また、レコードの検索や作成のみを対象にしたスタイルを選択することもできます。例えば、「入力のみ」スタイルを使用して、ゲストブックが作成することもできます。公開するデータベースの用途に沿ったスタイルを選択することができます。

ファイルメーカーPro Webスタイルのほとんどは、レイアウトをレンダリングします。つまり、レイアウトをファイルメーカーPro上で表示されるレイアウトに近い形でWebブラウザ上に表示します。これらのWebスタイルでは、レイアウトのレンダリングにCSS (Cascading Style Sheets) を使用しているため、ファイルメーカーPro Webコンパニオンを経由してファイルメーカーProにアクセスするブラウザはCSS (Cascading Style Sheets) をサポートしているものを使用する必要があります。

新しいセキュリティオプションでは、ファイルメーカーPro Web コンパニオンからデータを要求できるIP アドレスを指定することにより、データベースへのアクセスが制限できるようになりました。例えば、「Web コンパニオン設定」ダイアログボックスにある「セキュリティ」オプションに「1.2.3.*」で始まるIPアドレスを入力して、「1.2.3.*」で始まるIPアドレスのみデータベースへのアクセスが許可されるように指定することができます。また、ファイルメーカーPro Web コンパニオンの動作をより詳しく記録するログファイルを作成するオプションも追加されています。

以下では、ファイルメーカーPro 5 で対応しているCDML、XML、そしてJDBCの簡潔な説明をします。

ファイルメーカーDeveloper には、これらの新機能を使用したサンプルが含まれています。詳細については、ファイルメーカー社のWeb サイト(http://www.filemaker.co.jp)を参照してください。

ファイルメーカー製品ファミリについて

ファイルメーカーPro

ファイルメーカーDeveloper

ファイルメーカーPro Unlimited    

ファイルメーカーServer

ファイルメーカーPro 5 を他のファミリ製品と組み合わせて使用するためには、他ファミリ製品のバージョンが5 もしくはそれ以降であることが必要です。